ここ数日は、原油価格値下がりのニュースで騒がれています。
この原油価格の値下がりは、消費者にとっては、実にありがたいことなのですが、国によっては財政危機に陥るほど深刻な影響が出ているようです。

庶民にとって、難しい世界経済の仕組みはよく理解しきれないところもありますが、とにかく、ガソリン価格や灯油価格の値下がりはWelcome!・・ですよね。
ガソリン価格や灯油価格ばかりではありません。
原油価格の動向は、石油関連製品や食料品など生活関連商品全てに影響してきますから、気になるところです。

原子力発電所が停止して以来、電気料金の値上げが家庭の経済や企業の利益率に大きく影響している現状で、気になるのは太陽光発電システム。
太陽光発電システムを導入することで、毎月の電気代を縮小する効果が期待されるところですが、期待ばかりが強調され、明確かつ詳細なメリットやデメリットについての情報が少ない現状です。

たとえば、昼間は太陽光発電で電力を賄うとして、夜は、通常通り電力会社から電気を購入しなければなりません。
ただ、昼間の太陽光発電で余った電力は、電力会社で買い取ってもらえることが大きなメリットといえます。

天候に左右されることも大きな不安要素になります。
雨天曇天時は発電量の減少、雪国のケースでは、太陽光発電パネルに雪が積もるとどうなるのか?
実際に使用している方の情報が、もう少し欲しいところです。

Leave a Reply